みっきーの備忘録。

学んだことや思ったことなんかを色々と。

【メモ】GitHubにコードをあげる

はじめに

自分用のメモとしてGitHubへのコードのあげかたについて投稿します。
GitHubのアカウントはもっているけれど、使っていない人向けです。
コードをGitHubにあげれる様になることが目的です。細かい説明は省いています。
まず、GitHubのアカウントがない人は、アカウントを作成してください!
https://github.com/

Gitとは

プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するためのコード管理ツールです。
チーム開発には欠かせないものです!!

GitHubでコードを管理

ターミナルを開き、gitにあげたいディレクトリまで移動します。
まだGitHubにプロジェクトを作成していない人は作成してください。

初回

コードが保存されている事を確認する。

git init

(⚠️ initコマンドは、リポジトリを新規作成/既存のリポジトリを初期化するコマンドです。 initコマンドを実行すると、現在のディレクトリまたは指定したディレクトリに「. git」というリポジトリを構成するディレクトリが作成されます。なので、このコマンドは初回の1回だけでいいです。)

git config --global user.email "{Your mail address}"
git config --global user.name "{username}"

{Your mail address}と{username}にはGitHubに登録したメールアドレスとユーザーネームに置き換えて入力。

git remote add origin git@github.com:{username}/{project_name}

{username}にはGitHubに登録したユーザーネームに置き換えて入力。
{project name}には作成したプロジェクトの名前に置き換える。

git add . 

(⚠️ よく初心者に間違えやすいのが、addと.の間には半角スペースがあります!)

git commit -m "first commit"
git push -u origin master

(git push -u origin mainのときもある...)

コードをgithubにpush完了です!

2回目以降

コードが保存されている事を確認する。

git add .
git commit -m "{変更内容}"

{変更内容}は自分がやった作業・変更点について書いてください。
この変更内容の事をコミットメッセージと言います。

git push

コードをGitHubにpush完了です!

おすすめできそうなサイト

初心者にGitでできることが丁寧に解説されている。
本当の初心者向け!Git入門のための概念から基本用語まで | 株式会社LIG

GitHubの最低限の使い方を最短で学べる。わたしもやった。是非やって欲しい。
GitHub実践ハンズオン - Qiita

おまけ

わたしのGitHubです。
github.com

fatal: remote origin already exists.というメッセージが出た。

2020年4月に詰まったことを今更ながらメモとして投下しておきます。

前提

git pushをすると、

fatal: remote origin already exists.

というエラーメッセージをがでた。
ぐぐってみたところ、originの削除($git remote rm origin)をすればいいとのことで、やってみた。

やってみた

$git remote rm origin

しかし、originの削除を行なっても同じメッセージがでてうまくいきませんでした。
originに紐付けられてるurlを自分の作ったリポジトリのURLに設定し直す必要がありました。

なので、

$git remote rm origin
$git remote -v  (現在originに登録されている内容の確認)
$git remote set-url origin git@bitbucket.org:ユーザー名/アプリ名.git
$git remote -v  (変更できているかの確認)

その後pushするとエラーが出ず、うまくいきました!!

おわりに

今回は人から貰ったプロジェクトだったので、そのままでは自分のリポジトリにpushできないことを忘れていました。